留学のための居住許可(大学・大学院・国民学校・高校・その他)

日本国籍者を含むEU加盟国以外の外国籍者が91日以上留学する場合は、居住許可が必要です

2015年からすべての留学生を対象に、スウェーデン移民庁へオンラインでの居住許可申請が可能になりました。スウェーデン移民庁は、オンライン申請を推奨しています。 

ただし、何らかの事情でオンライン申請が困難な場合は、大使館に対し郵送申請をすることも出来ます。 


申請方法

すべての留学生は、右リンクのスウェーデン移民庁(Swedish Migration Agency)のウェブサイトからオンラインで申請をして下さい。オンライン申請は、申請者から移民庁への直接の申請となります(大使館を経由しません)。そのため、この申請に関する質問は移民庁へお問合せ下さい。大使館ではオンライン申請に関する質問にはお答えできません。


申請受付後の流れ 

〔シェンゲンビザ免除の国籍者の場合-日本、韓国、米国等〕

スウェーデン移民庁での審査が終了の後、申請時に登録したメールアドレスに審査結果の連絡が送られます。また、日本在住の申請者には、大使館からも普通郵便で審査結果を送付します。許可の下りた方は、申請時に登録した有効なパスポートを持ってスウェーデンに入国し、その後、最寄のスウェーデン移民庁の事務所で写真、指紋、署名の登録をし居住許可カード(Residence Permit Card)の発給を受けて下さい。この場合、渡航前に東京の大使館で許可証等をパスポートに受ける必要がありません。観光や出張等の短期滞在者と同じように、パスポートだけで渡航して下さい。

〔シェンゲンビザが必要な国籍者の場合-中国、インド等〕

中国、インド等のシェンゲンビザが必要な国籍者は、スウェーデン渡航前に居住許可カード(Residence Permit Card)の発給を受けなければシェンゲン協定国に入国することができません。そのため、申請者は東京の大使館に来館し居住許可カード用の写真、指紋、署名の登録をする必要があります。遠方にお住まいの方も例外ではありません。スウェーデン移民庁での審査が終了の後、申請時に登録したメールアドレスに移民庁から審査結果の連絡が送られます。その後、許可の下りた申請者には、大使館から電話、Eメール等で写真、指紋、署名の登録のための来館日時にを通知します。許可の下りた申請者は、指定の日時に有効なパスポートを持って大使館に来て下さい。居住許可カードはスウェーデンで作成され、東京の大使館へ転送後、大使館から申請者に交付されます。作成から交付までには約1ヶ月要します。この居住許可カードを受け取るまでは、スウェーデンに渡航することはできません。

 

居住許可取得後の参考情報

スウェーデンの居住許可が有効な期間、スウェーデンを除くシェンゲン協定国に180日の間に90日間滞在することができます。居住許可の有効期限後は、1日でもスウェーデンを含むシェンゲン協定国には滞在できません。


居住許可の延長に関して

留学の為の居住許可は、1年ごとに延長の手続きをする必要があります。そのため1年以上留学する方は、スウェーデン移民庁にオンラインで居住許可延長の申請をして下さい。