【4つのテーマ】バイオマテリアル

  • Biomaterials_icon

    Biomaterials Photo: .

セルロースナノファイバー(CNF)をはじめとする木質繊維の次世代新素材のバイオマテリアルへの応用。

木材産業の分野ではこれまで、パルプとダンボール紙の製造法の開発などに力が注がれていました。しかし今、その実用化に大きな期待が寄せられているのが、 「セルロースナノファイバー(CNF)」など木質繊維から生まれる次世代の新素材です。こうした新素材はユニークな特性を持ち、多様な用途が考えられま す。

たとえば、木の含有成分を使うことで、石油を資源としない環境負荷の少ないプラスチック(バイオプラスチック)を製造できます。また、先述したセル ロースナノファイバー(CNF)は、環境に優しい上に鉄よりも軽くて強いことから今後、自動車や航空機の部品、医療製品など幅広い分野での活用が見込まれ ています。

このように、森林から生まれる原料や廃棄物は、温暖化対策を最大限に考慮した、未来の製造業を実現する鍵となり得ると期待されています。

3月10日にスウェーデン大使館で、バイオマテリアルについてのシンポジウムが開催されます。詳しくは、こちらのページをご覧ください。