【4つのテーマ】バイオエネルギー

  • Bioenergy_icon

    Bioenergy Photo: .

森林原料は、林業の経済面に付加価値を与え、そのバイオベース社会の構築へ寄与します。

森林は、気候変動問題に次の2つの側面から寄与します。まず、植物の光合成により二酸化炭素を吸収する森林は、貴重な「炭素吸収源」として機能しま す。さらに、森林由来の「バイオマス」を電力源や暖房として化石燃料や化石燃料使用素材と代替することで、二酸化炭素の排出が抑制されます。生産林を持続 可能な方法で積極的に利用することは、気候変動問題に直接的かつ永続的に対処するための最も効率の良い方策なのです。

森林は、極めて重要な再生可能エネルギーの一つです。今日、バイオエネルギーはスウェーデンで消費されるエネルギー総量の3分の1を供給しており、 いくつもの新たな市場が生まれています。パルプ生産の副産物や木質ペレット、薪、野菜や果物の皮などを原料とするバイオマスなども、バイオエネルギー製品 に含まれます。

2016年3月10日にスウェーデン大使館で、バイオエネルギーに関するシンポジウムを開催します。詳しくはこちらのページをご覧ください。