【展示会】Fibers & Fragments Eva Vargö Selected works 1998 – 2014

  • One Year

    One Year Photo: .

展示会

2015年2月18 日~3月14 日 10:00~16:00
会場 城西大学水田美術館ギャラリー2
日曜・月曜休み 入場無料

学校法人城西大学 坂戸キャンパス
〒350-0295 埼玉県坂戸市けやき台1-1


城西大学は世界各国の大学と国際交流を深めており、スウェーデンとも、ラーシュ・ヴァリエ前駐日大使にご講演いただき、また戦時中多くのユダヤ人を救った同国の実業家ワレンバーグを称える植樹式を行うなど、積極的に交流してきました。さらなる文化・学術交流の発展を目指し、その一環として、このたび前大使夫人で工芸作家であるエヴァ・ヴァリエの展覧会を開催します。

エヴァ・ヴァリエは、幼い頃に上の世代にならい手工芸に親しみ、最初の来日時に大学の被服学科に在籍し、その後、スウェーデンの職業訓練学校などでテキスタイル、機織りを学びます。紙糸や麻糸を素材として、「織り」の手法による紙工芸作品を制作し、これまでアメリカ、韓国、中国など、世界各国で作品を発表してきました。諸外国に移り住んだ経験を通し、近年では韓紙を用いるなど、滞在先の文化をとりいれて新しい表現を生み出しています。

本展では、日本の謡本を用いた作品を含め、1998年から2014年までに制作された作品を紹介します。裂かれ撚られて線や断片となった繊維が、あらたな意味と形を持って立ち現れるエヴァ・ヴァリエの作品世界をお楽しみください。

1956年スウェーデン生まれ
Born 1956, Sweden

1986-87  杉野服飾大学家政学部被服学科在籍(東京)
1992-93  機織職業訓練(スウェーデン・ウップランズヴェースビー)
2000-02  手工芸職業訓練学校在籍(テキスタイル、スウェーデン・ストックホルム)

個展 / Solo Exhibitions
1998   “Wrapped Up,” Sembikiya Gallery, Tokyo, Japan
2009   “In Flow Motion,” Tong-In Auction Gallery, Seoul, Korea
2011   “Endlessness /stained stories/,” Tong-In Auction Gallery, Seoul, Korea

グループ展(抜粋) / Group Exhibitions (a selection)
1993    “Swedish Hand-Weaving and Swedish Laces,” Swedish Embassy, Tokyo, Japan
1995   “Living with Swedish Textiles,” Kawashima Textile Museum, Kyoto, Japan
1996   “NHK Heart to Hands Exhibition,” Bunkamura, Tokyo, Japan
1998   “Fusion,” Vartai Gallery, Vilnius, Lithuania
2004   “Svenska Konstnärer i Världen,” Millesgården, Stockholm, Sweden
2008    The 35th Korean Crafts Council Exhibition 2008, Suwon, Korea
The 16th World Crafts Council Exhibition, Hangzhou, China
2009   “Between Art and Craft,” Gallery MOA, Heyri Art Valley, Korea
2010   “Paper Road,” 21st IAPMA Congress, Wonju, Korea
2011    “Swedish Contemporary Craft Art,” Korea Foundation Cultural Center Gallery, Seoul, Korea
2012   “Paperworks: material as medium,” Flynn Gallery, Greenwich, Ct., USA
“Retro/Prospective: 25+ Years of Art Textiles,” browngrotta arts, Wilton, Ct., USA
2013   “Artfully Connected,” Swedish Embassy, Tokyo, Japan

イベント