中島由夫シンドローム:Art is Always the Next Possibility

展示会/シンポジウム

2015.01.17 Sat - 01.25 Sun
Tue.- Sat. 14:00 - 21:00
Sun.& Mon. 11:00 - 18:00
*入場料 ¥ 500(1ドリンク付)

会場:アツコバルー(東京渋谷) http://l-amusee.com/atsukobarouh/
60年代、「反芸術」のただ中でパフォーマンス集団「アンビート」を結成、ダダカン等とともに街頭アクションを展開した中島由夫は、1964年欧州へ旅立った。そこでカウンターカルチャー、プロヴォ、スカンジナビアシチュエーショニスト運動など激しい時代の渦に身を投じる。パナマレンコ、工藤哲巳、アスガー・ヨルン、ヨルゲン・ナッシュ等とともに活動し、また日本の松澤宥やヨシダヨシエと緊密な関係を保ち、中島はグローバルなアーティストのコミューンを指向した。


1974年、中島はスウェーデンで「ウベボダ・シンポジウム」を開催する。これは100日の予定が3年にわたり、真に自由で自立したアートの可能性を求めるものとなった。"Art is always the next possibility."と題した今回の展覧会は、中島由夫の軌跡と共にその時代の芸術運動を振り返り、その歴史的価値、今日的意義を問い直すものである。

主催:中島由夫シンドローム実行委員会
助成:公益財団法人ポーラ美術振興財団、スカンジナビア・ニッポン・ササカワ財団
資料提供:中島由夫、人間総合科学大学、松澤久美子(松澤宥アーカイブ)
後援:スウェーデン大使館、デンマーク大使館

イベント:
◉ シンポジウム 1月17日(土) 13:30~17:00 (開場13:00)
・第1部 13:30 -14:30
「中島由夫とは何者か」中島由夫とのダイアローグ
中島由夫 / 聞き手:黒ダライ児(『肉体のアナーキズム』grambooks 刊 著者)、嶋田美子(アーティスト)
・第2部 14:40 - 16:00
「スウェーデン出身の日本人:中島由夫と北欧の60年代芸術」 /タニア・オルム(コペンハーゲン大学比較文化教授)
・相原信洋アニメーション『STONE』(1975) 上映
・「ダダカン、松澤宥と中島由夫:メールアートを通じた繋がり」/嶋田美子
・質疑応答、フリートーク
◉ 中島由夫のアクションペイティング 1月25日(日) 14:00〜
*アーティストトーク:1月18日(日)14:00〜、1月24日(土)14:00〜

プロフィール
中島由夫(なかじま よしお)
1940年、埼玉県生まれ。1950年代末より街頭でパフォーマンスを行い、1961年にハプニング集団「アンビート」を結成。1964年にヒッチハイクで渡欧し、オランダ、ベルギー、フランスなどでハプニングを開催する。アスガー・ヨルンたちのコブラのメンバーを始め多くのアーティストたちと芸術運動に関わるなど、スウェーデンに在住し約50年、パフォーマンスの他、絵画、陶芸などの作家活動を行ってきた。パブリックコレクションは、埼玉近代美術館、日動美術館、アントワープ美術館、ストックホルム近代美術館など多数。

協力:
RAUS STENKARLSFABRIK 
YOSHIO NAKAJIMA MUSEUM & KONSTHALL  www.yoshionakajima.net
人間総合科学大学

イベント