第171回スウェーデン研究講座『日本の若者から見たスウェーデンと日本:比較分析による考察』

講演会

明治大学国際日本学部の鈴木ゼミでは、スウェーデンと日本の比較分析に基づき、スウェーデンにおける理解を深めるとともに、日本の社会システムの特徴を再発見し、そのあり方を考察しています。
4年目となる今年は、5人の学生諸君が以下の多様なテーマで発表いたします。
日本の若者がスウェーデンをどのように理解しているのかを知るのには大変興味ある機会ですので、是非大勢の方のご参加をお待ちいたします。

① 丸山潤 『スウェーデン人の英語力はなぜ高いのか』
② Doan Le Hai Ngoc 『スウェーデンの核:廃棄物最終処分に関する合意形成』
③ 丸山美和 『日本とスウェーデンの自殺要因』
④ 高橋尚子 『なぜスウェーデンの性教育は日本に取り入れられないのか』
⑤ 金子史果 『将来に明るい希望を持てる社会』

日時:2月18日(水)午後6時~8時(5時半開場)
場所:スウェーデン大使館1階ノーベルオーディトリウム
講師:明治大学国際日本学部 上記学生5名
会費:スウェーデン社会研究所会員、スウェーデン語講座、文化講座受講者は無料、その他1000円、学生500円(当日受付にて)
申込:jiss12@nifty.com  電話:03-5661-6035  fax 03-3655-1596
主催:(一般社団法人)スウェーデン社会研究所
http://www.sweden-jiss.com   

イベント