【セミナーと展示】医療とアート

スウェーデン大使館では「医療とアート」をテーマとしたイベントを開催することとなりました。このイベントは、一般社団法人アナグリウスケイ子式庭園療法協会代表・アナグリウスケイ子氏と、浸透する流れ-病院とアート実行委員会代表・塩崎由美子氏とともに、共同で開催致します。

スウェーデンでは病院などの医療環境においても、多様なアートを活用しています。このイベントでは二つのセミナーを開催し、スウェーデンの医療現場におけるアート導入の具体事例を取り上げ、また日本においても始まった取り組みの様子を各現場の方々からお話いただきます。

二つのセミナーの間には、ベルイマンホールにて懇親の場をご用意致します。またセミナーと並行して、スウェーデンと日本の作家によるホスピタルアートの展示も行われます。

皆様にぜひご参加いただきたく、謹んでご案内申し上げます。

場所:スウェーデン大使館 アルフレッド・ノーベル・オーディトリアム、ベルイマン展示ホール
日時:セミナー  4月9日(木) 
展示  4月8日(水)~4月14日(火)9:00-17:00
(12:30-13:30は昼休み休館、土日休館)

セミナープログラム

第一部:“2つを1つに いのちを考える”

10:00   Arts in Hospital とAK庭園療法
一般社団法人アナグリウスケイ子式 庭園療法協会代表 アナグリウス ケイ子 氏
亀田メディカルセンター 乳腺外科医 福間英祐 氏
10:50   Five senses: touch
11:05   阪南病院の試み「しなやかに紡ぐいのち」
医療法人杏和会 阪南病院総務課長 庭園療法アートディレクター 小田真由美 氏
医療法人杏和会 阪南病院 精神科認定看護師領域うつ病看護・庭園療法士 小泉泰子 氏
12:00   昼食休憩  :taste,smell,touch,sight,hearing
13:00   Five senses: smell
13:15   笑顔でつなぐ医療と芸術-筑波大学10年のあゆみ
筑波大学芸術系教授 齊藤泰嘉 氏
13:35   Five senses: sight
13:50   病院や地域でのゴブリン博士のアート・プロジェクトについて
筑波大学芸術系研究員 小中大地 氏
14:10   Five senses: hearing
14:25   筑波大学付属病院におけるセラピーガーデンの活動について
筑波大学大学院修了生 竹淵翔太 氏
14:45   Five senses: taste
15:00   質疑応答

16:00-17:30 
懇親レセプション


第二部:“病院とアート”

18:00-20:40(途中休憩:5分)
1.「病院とアート」
浸透する流れ-「病院とアート」実行委員会代表・美術家  塩崎由美子 氏
2. 「スウェーデンの病院とアート」
スウェーデン大使館広報文化担当官 アダム・ベイエ
3. 「医療の場におけるアートへの取り組み」
ストックホルム県議会文化連盟・芸術課プロジェクトマネージャー、コーディネーター
マーティン・ウエスト 氏
4. 「リハビリテーションガーデンの紹介~スウェーデンの事例と日本における取り組み~」
医療法人社団至高会  たかせクリニック客員研究員  石井 麻有子 氏
5. 「職場におけるうつ病の現状と今後の課題~スウェーデンの自然ベースリハビリの可能性~」
筑波大学 医学医療系産業精神医学・宇宙医学准教授 笹原信一朗 氏
6. 「スヌーズレン空間が発達障害児の自律神経活動に与える効果の予備的検討」
岡山県立大学 保健福祉学部保健福祉学科准教授 坂野純子 氏
7. 「医療環境とアート」
千葉大学大学院教授 中山茂樹 氏


参加お申し込み46日(月)までに必要事項をご記入の上、スウェーデン大使館までeメールにてお申し込みください。

必要事項:
参加ご希望のプログラム:1.第一部、2.オープニングレセプション、3.第二部
お名前
ご所属
お肩書き
電話番号
メールアドレス

 

申し込み送付先、およびお問い合わせ:広報部 速水望
ambassaden.tokyo-info@gov.se

イベント