効果的な輸出サポートを提供するチーム・スウェーデン

  • Team Sweden folder eng-1

    Team Sweden Photo: .

  • Team Sweden in Japan

    Team Sweden in Japan: Science and innovation Counsellor Dr Niklas Kviselius (Growth Analysis), Trade Commissioner Cecilia Öberg Leiram (Business Sweden), ambassador Magnus Robach, Thomas Östergren, Chairman of the SCCJ and Hans Rhodiner, General Manager SCCJ (The Swedish Chamber of Commerce and Industry in Japan). Photo: Kjell Fornander

スウェーデン政府が注力している分野の一つに輸出があります。輸出は雇用創出においてもスウェーデンの福祉制度を守るためにも重要な役割を果たしていま す。チーム・スウェーデンは企業の支援をする用意があります。チーム・スウェーデンとは国外へのスウェーデンの輸出を促進する公的機関と政府のエージェン シー、企業をすべて統括した呼び名です。 日本ではチーム・スウェーデンは大使館、ビジネス・スウェーデン(大使館商務部)、グロース・アナリシス(大使館科学イノベーション部)、在日スウェーデ ン商工会議所で構成されています。

日本はスウェーデンにとってEU域外では最も重要な貿易相手国の一つであり、アジアでは中国に次ぎ第二の市場規模があります。長年日本市場で活躍しているスウェーデン企業も数多くあり、また日本に進出したばかりの企業もあります。

チーム・スウェーデンは関心のあるスウェーデン企業に対し、輸出市場への進出をクリアでシンプルにするお手伝いをします。これが政府が海外で事業を 展開しようとする企業へコーディネートされた効果的な輸出サポートをする一つの方法なのです。この輸出サポートにはコンサルタント、融資、マーケティン グ、長期のスウェーデンのプロモーションなどが含まれます。チーム・スウェーデンのもう一つの役割は公的プロモーション活動を定期的に評価し、常に最も効 果的な方法が採用されるようにすることです。

さらにお知りになりたい方はチーム・スウェーデン公式サイト、またこのカタログをご覧ください。

Twitterでチーム・スウェーデンをフォローしてください。

 2015年9月政府は新たな輸出戦略を採用しました。この戦略は政府の2020年までにEU域内で失業率を最低にするという目標達成の一助になることを狙ったものです。この戦略についてはこちらもしくはPDFファイルを参照ください。