ファクトシートバックナンバー

こちらのファクトシートは発行年数が2年以上になるものです。ご使用の際には、発行年にお気をつけください。

何世代にもわたる環境活動
スウェーデン文化交流協会 ファクトシート
2010年10月発行
スウェーデンは環境の質に関する16の政策目標を策定し、遅くとも2020年に達成することを定めている。この目標の追求は政府の環境政策の中心となっている。


これぞスウェーデン

スウェーデン文化交流協会 ファクトシート
2010年3月発行
スウェーデンは新しい影響や考え方を吸収しながらつねに進化を続けている。科学からデニムジーンズ、音楽から男女平等にいたるまで、スウェーデンはありとあらゆることがらに創造力を発揮している。とりわけ環境問題にはユニークな取り組みを見せている。


スウェーデンの外交政策における人権

スウェーデン大使館 ファクトシート
2009年1月3日発行
人権尊重を促進し増進することは、スウェーデンの外交政策における優先課題の一つである。人権に対するスウェーデンの取り組みは、恐怖や欠乏のない、人々が自由と安全を享受できる世界の実現を希求する外交政策のあらゆる側目に反映されている。


スウェーデンで過ごす子供時代
子供の地図
スウェーデン文化交流協会 ファクトシート
2009年1月発行
スウェーデンでは18歳未満の人口が200万人である。そのほとんどが無償教育、積極的な社会生活、自然に接すること、インターネットの自由な使用を当然のことと考えている。


スウェーデンの消費者教育

スウェーデン大使館  ファクトシート
2009年7月28日発行
スウェーデンでは二つの政府機関が消費者教育実施に責任を負っています。一つは「教育庁(National Agency for Education)」で、学校教育のシラバス(日本でいう学習指導要領)を担当する機関であり、学校教育で教える範囲をある程度決定します。二つ目はスウェーデン消費者保護庁で、消費に関し国民を擁護し、情報提供をします。


イノベーション、科学/研究

スウェーデン文化交流協会 ファクトシート
2008年10月発行/2010年2月更新
世界で最も重要な発明にはスウェーデンで生まれたものが多く、しかも急速な技術革新のスピードはまったく衰えを見せていない。2009年から2012年までの間に、スウェーデン政府は研究とすぐれたアイデアに過去最大の投資を行うことにしている。


明確な目標がスウェーデンの環境政策を形成する
スウェーデン文化交流協会 ファクトシート
2008年9月発行
スウェーデンには、2020年までに達成されなければならない16の環境の質に関する政策目標がある。総合的な目標は、次世代に主な環境問題が解決されている社会を譲り渡すこととしている。スウェーデンは多くの分野において、目覚ましい進歩を遂げてきたが、まだ多くの課題が残っている。


スウェーデンのデザイン
スウェーデン文化交流協会 ファクトシート
2008年2月発行
スウェーデンのデザインの新しいキーワードは「多様性」。
現在、スウェーデンのものづくり技術や一般のデザインにおいては、情緒的価値が機能と同じくらい重要視されている。美の基準から伝統的な仕事のやり方まで、あらゆるものが徹底的に吟味されている。


スウェーデンにおける保健医療
スウェーデン政府内閣府 ファクトシート
社会保健省 No. 16,  2007年9月発行
保健医療は、スウェーデンにおける福祉制度の根幹をなしており、国民がもっとも関心を寄せる社会的課題のひとつである。スウェーデンの保健医療は、誰もが必要に応じて、平等なサービスを受けられるようにすることを原則とし、その運営は民主的な方法で行い、必要な財源は国民が連帯して負担すべきという考えに基づいている。保健医療の特色は、患者を最優先にしたサービスの質の高さや、利用しやすさということになる。


スウェーデンにおける高齢者の現状
スウェーデン政府内閣府 ファクトシート
社会保健省 No. 17,  2007年9月発行
スウェーデンの人口の17%以上、すなわち、約160 万人が現在65 歳以上である。人口予測によると、今後30 年以内に、人口増加が一番大きな世代は65 歳以上の層が占めることになるだろう。また、2035 年までに、人口増加のより大きな部分は、労働年齢以外の世代で生じることになるだろう。20 世紀半ば以降、最高齢層の人口は増加しており、80 歳を超える人口は、現在から2050 年の間にほぼ倍増すると見込まれている。


スウェーデンにおける高齢者介護
スウェーデン政府内閣府 ファクトシート
社会保健省 No. 18,  2007年9月発行
スウェーデンにおける高齢者政策の目的は、高齢者が自立して、質の高い生活を営むことができるようにすることである。医療と社会的介護を必要とする高齢者には、高度な支援を受ける権利がある。高齢者のための介護は、民主主義の諸原則に従って提供され、その経費は、主として税収により賄われている。


スウェーデンの環境保護、環境およびエネルギー技術
スウェーデン文化交流協会 2006年2月発行
スウェーデンは、社会全体の持続可能な開発を国内外における環境保護活動の目標として掲げなければならない。そのためには、社会のあらゆる階層、あらゆる領域で、行動を抜本的に変える必要がある。

児童文化
スウェーデン文化交流会2006年2月発行
自由で率直、時にはちょっと生意気なこともある。だが児童文化の最も素晴らしい点は、それが温室のように新しいアイデアや表現を育てる場所だということだ。そのため、文化
に携わる多くの人が、児童文化は才能を開花させるための自由地帯であると考えている。

ノーベル賞:世界で最も権威ある学術文化賞
スウェーデン文化交流協会 2005年10月発行
世界の人々から賞賛を浴びたいならば、ノーベル賞獲得を目指すのが一番の近道だろう。名声を手に入れるための方法としては、確実ではあるが決して容易とはいえない道のりである。

スウェーデンの保育制度
スウェーデン文化交流協会 2005年4月発行
スウェーデンの保育制度は、子どもの成長と学習を支援し奨励することによって良い人生のスタートを切ることができるようにすること、そして、両親に仕事や学業と子育てを両立させることの2 点を目標としている。

男女平等
スウェーデン文化交流協会 2005年4月発行
スウェーデンには男女平等原則に関して、一般的な政治的コンセンサスがある。スウェーデンの男女平等原則は、根本的に、個人が有給雇用により経済的自立を達成する能力と関わっている。同様に重要なのは、男女双方が育児と仕事の両立を果たせることである。

スウェーデンの高等教育
スウェーデン文化交流協会 2005年4月発行
スウェーデンの教育制度は1950 年代以来数々の変革を遂げてきた。9 年制義務の基礎学校と、理論教育・職業教育に分かれる高等学校がある。成人教育も拡張された。中等教育修了後の教育は、事実上1977 年に一つの制度に統合された。

スウェーデンの社会保険
スウェーデン文化交流協会 2004年1月発行
スウェーデンは先進的な福祉国家の模範として大きな注目を集めてきた。福祉の重要な根幹をなすのが社会保障システムであり、その包括的な性質から普遍的モデルの典型として長年に渡り評価されている。

スウェーデンのバイオテクノロジーと製薬

スウェーデンの産業 132
発行:スウェーデン文化交流協会 2001 年11 月号

古典的な、または現代のバイオテクノロジーを活用する企業には、大きく2 つのタイプがある。1 つは製薬、食品加工、パルプ、紙などの伝統的な分野で成長をとげた企業で、これらの企業は、現在バイオテクノロジーをより革新的に用いる傾向にある。もう一つのタイプは近代的なバイオテク企業で、しばしば上記の企業に自社製品やサービスを提供することがある。

スウェーデンの地方自治
スウェーデン文化交流協会 2000年11発行
スウェーデンの地方自治は長い伝統を持っている。1862年の地方自治法がこの分野における最初の法制化だと一般的には言われている。この法律はスウェーデン教会の業務と公民の業務を区分した。


スウェーデンの障害者政策
スウェーデン文化交流協会 1994年6月発行
スウェーデンの障害者政策は、障害を持つ人々に対して、健常者と同じように地域社会の生活に参加できる機会を与えることを目指している。このため、社会の各分野には、機能にハンディのある人が暮らす上で障害となるようなものをできる限り取り除くという務めがある。